資産運用

銀行別の振込手数料を完全比較!振込手数料を無料にする方法もお伝えします

あなたはどこの銀行の口座を持っていますか?
そしてその銀行の口座を上手に使いわけていますか?

昔は手数料や金利はほぼ横並びでしたが、インターネットが普及した今、各銀行がその銀行のもつ最大の強みを生かした特色を大きく打ち出してきています。

その特色をうまく利用して口座をつかいわけることでちょっとでも節約をできればうれしいですね。

銀行の持つ機能でよく使うもののひとつにはきっと振り込みがはいってくるのではないでしょうか。

友達との外食の割り勘での振り込み、習い事の月謝の振り込み、オンラインショッピングの支払いでの振り込み、学費の支払いの振り込み、家賃の振り込みなど多くの機会で振込を行うことがあると思います。

そのたびに高い手数料を払っているとちりも積もれば山となる、で気づいたら一年あたり何回かの外食費と同じくらいになりますね。

そこで、賢く口座を使いわけられるよう、各銀行の振込手数料の比較をしてみました。

あなたの持っている銀行口座よりも使い勝手のよい銀行を見つけたら、思い切って口座を新規開設してそちらの口座も活用して、毎日の生活で意識をしなくても節約している状態になりますように!!

振込手数料ってどうして発生するの?

銀行などで働いていない方にはちょっと不思議に感じる振込手数料の仕組み。

この時代、なんでもオンラインでできるんだからこんな振り込みごときで手数料をとられるなんて!!と思う方もいらっしゃるかもしれません。

特に月に1回は振込手数料が無料!なんていう銀行もあるくらいですし、なんだったら毎回振込手数料はタダでもいいじゃないの!!と思ってしまいますよね。
その気持ちはとても分かります。

しかし、振込手数料は銀行にとってなくてはならないものなのです。

なぜならば、この手数料はその銀行に払っているのではなく、銀行など金融機関同士のお金のやりとりを行う「全国銀行データ通信システム(通称全銀システム)」に対して払われているからなのです。

この全銀システムは国内の金融機関がほぼすべて参加しているオンライン上の振込等の資金決済仲介システムのことで、日本銀行の下にある全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)により運営されています。

全銀システムには各金融機関別に口座があり、金融機関ごとにその日にあった決済の総額を計算し、その金融機関に受取額が多かった場合はその差額を入れ、支払額が多かった場合はその差額を引く、ということを営業日ごとに繰り返しています。

あなたが銀行Aにある口座を使って銀行Bにある娘さんの学校の口座に振り込みをするとき、銀行Aはあなたの口座情報や振込額などを銀行Bに直接知らせるのではなく、全銀システムに連絡します。そして、全銀システムはあなたの振り込みたい先の情報を銀行Bに通知、銀行Bはその口座に振り込む、ということが行われます。

つまり、銀行同士が直接やり取りをするのではなく、日本銀行の下にある運営会社の大きなシステムを仲介することによって安全に取引されているのです。

この全銀システムを利用するのに各銀行は多額のシステム使用料を払っていたり、システムにつなぐための固定費だったり、電気代、振り込みが適切に行われているかどうかを調べるリコンサイル作業にかかる人件費など様々なコストを負担しているので、私たちが振り込みをするときに振替手数料が必要となってくるのです。

こういう背景を知ると、ああ、振込手数料は必要なんだな、と思いますよね。

でも、その振込手数料を抑えたい!というのは人間なら思ってしまうもの。ということで本題の振込手数料の比較、主な銀行別の特徴に移りたいと思います。

メガバンクの振込手数料について

メガバンク、つまり、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行の4行のどこかに口座を持っている方が多いと思いますので、まずはメガバンクの設定している振込手数料について各振込方法(ATM、オンライン、窓口)別に見てみましょう。

これは個人客向けの振込手数料ですので、法人・団体にかかる振込手数料は違ってきますのでご注意ください!

まずは窓口で振り込みをする場合の振込手数料

窓口で振り込みをする場合

同行同一支店宛 同行別支店宛 他行宛
振込金額 3万円未満 3万円以上 3万円未満 3万円以上 3万円未満 3万円以上
三菱UFJ銀行 324円 540円 324円 540円 648円 864円
みずほ銀行 216円 432円 324円 540円 648円 864円
三井住友銀行 216円 432円 324円 540円 648円 864円
りそな銀行 540円 540円 540円 540円 864円 864円

こうやって表にすると3万円以上の他行への振込にかかる振込手数料はどこのメガバンクも同じなんですね。

最近はあまり窓口で振り込みをする機会がないかと思いますが、ATMやインターネットで振り込みができない額の振り込みが必要となる場合はどうしても窓口に出向かざるを得ません。
そんな時は他行宛てで3万円以上の振込額となるので一回当たりの手数料が864円もかかってしまいます。

もし、同じ銀行に口座を持っていて支店が違うだけであれば540円で済むので、324円の節約になりますね。324円もあればコンビニスイーツが買えます!!